「妊娠と出産をきっかけになってしまう痔」の改善策

「痔」の症状はただでさえ、人に相談しづらいものですが
出産に関わる女性にとっての一大イベントによって、リスクが高まるトラブルです。

妊娠中から見られる、痔の症状というのは全く珍しいことではなく
出産を経験した女性に痔の方というのは非常に多いものになります。

自分だけではない、ということでまずは安心してください。

妊娠~出産は痔の基本的なリスクが高まる

妊娠に関わるの痔の原因としては、
妊娠中に、肛門周辺の血管が「うっ血」してしまうこと
出産の際に”イキみ”過ぎてしまうことが、主な原因となります。

出産を経験した女性に起きる、典型的な痔の症状である「イボ痔」
自分の力だけでは、基本的に防ぐのは難しいものです。

だからこそ、日頃の生活でできる限りのことする必要があります。

また血流が悪いことが大きな要因にもなるため
体を冷やさない・むくませないようにしましょう。

お風呂での臀部中心のマッサージは、非常に効果的です。

その際にも体調のことも考えて、温度をぬるめにするなどの配慮をしましょう。

”結果的な”硬い便が招く「切れ痔」

元々女性は便秘になりやすく、妊娠中はより「便秘」になりやすい傾向があり
またその癖が、産後も継続することで宿便が硬くなります。

そして、それによって招かれる症状が
排便の際に肛門付近が切れる、「切れ痔」です。

つまり、妊娠~出産の過程においては
イボ痔と切れ痔という、2つの痔のリスクが生じることになるのです。

「イボ痔」と「切れ痔」に効果的な「ピーチラック」の解説

産後の便秘の解消は必須

基本的な対策は、通常の便秘対策と変わりません。

水分・食物繊維を意識して摂取すること

ヨーグルトなどの乳酸菌が摂取できるものを意識すること

規則正しい生活をすること

注意点として、妊娠中はむくみやすい状態であったため
水分と塩分のコントロールは、意識して調整しましょう。

妊娠・出産にまつわる痔の根本的な対策は、
一般的な痔の症状と比べて、特に異なる点はありませんが
長引くほどに”頑固”になるものであり、注意が必要です。

痔に関する塗り薬や普通の整腸剤は、胎児に影響はないため
痛みを覚えるよりは、きちんと対策をしましょう。

本来であれば、”なる前”にどれだけの対策がとれるかが鍵となる症状なのです。

痔の克服の基礎となる「便秘解消」についての詳しい解説