痔の改善のために欠かせない「便秘の解消」という要素

痔の状態を改善するためにも、再発を防ぐためにも非常に重要であり
まさに痔の克服のための「最低条件」と言えるものが、<便秘の解消>になります。

「硬い便」というのは、それそのものが痔の原因となるものであり
また同時に悪化させてしまう、最大の要因であると言えます。

もちろん、「下痢」といった柔らかい便に関しても雑菌が混ざっている可能性が高いため
痔の患部を刺激することで、炎症・可能を悪化させる要因と言えるのです。

いずれにしても、<腸内環境の健全化>ということが目標になります。

便が極端に硬い・柔らかい状態を改善することは、
根本的な痔の改善のために、なくてはならないケアと言えます。

痔の発生や悪化を招く習慣

硬い便が痔を招く・悪化させてしまう仕組みは、
説明するまでもなく、誰もがうなずれけるものであるはずです。

「便秘が原因で痔になってしまった」

という方は珍しくなく、そもそも最も割合の多い根本要因とも言えるものです。

肛門周辺に発生する<腫れ>である「いぼ痔(痔核)」

肛門周辺に発生する<裂傷>である「きれ痔(裂肛)」

肛門周辺の傷の<炎症(化膿)>によって起きる「あな痔(痔瘻)」

以上のどれもが、硬い便による刺激によって発生リスクを高め
また改善していく過程を、阻んでしまうものであると言えます。

また、”いきむ”という行為も痔を招く大きな要因になります。

日々肛門が受けている、刺激のほとんどが

  • 「座る」という行為における自重
  • 便

以上の2つであると言えるためです。

そして、重力というどうしようもない要因以外に
可能な限り刺激を軽減するためには、腸内環境を改善することで

”肛門にとって刺激が小さい便”を、作るしかないのです。

特に女性にイボ痔が多いことは、一般的に知られることであり
それには女性ホルモンの影響によって、便秘がちなことが大きく影響しています。

また中年以降における内臓の劣化、また自律神経の乱れのによって
下痢が起きやすくなるために、「便通の頻度」が増えることで肛門への刺激も増え
またそれには、「トイレットペーパー」といった別の刺激も付随することになります。

だからこそ、腸内環境そのものを改善する必要があるのです。

腸内環境の基礎的な改善方法

腸内環境を改善するための方法というのは、
常識的なことを含めて、すでに多くが語りつくされています。

基礎的な手段としては、

  • 水分を多めに摂取する
  • 食物繊維を意識した食生活
  • 乳酸菌を意識した食生活
  • 代謝向上のための運動習慣

とりあえずは、以上を取り入れることが最初の一歩と言えます。

ただしこれらの中には、痔に悩む方にとっては
マイナスとなってしまうことも含まれているため、
<痔だからこそ>といった、改善習慣を意識することが大切です。

「摂らない方がいいもの」も意識したい

腸内環境・便の質を考慮した際には、
取り入れるべき生活習慣と共に、避けるべき要素も多いと言えます。

「刺激物」と言われる、「トウガラシ」といったものに関しても
便をより刺激的なものにしてしまう点、また下痢を招くことから
多きの刺激を、高い頻度で与えてしまうことになります。

加えて見逃しがつなものとして、「動物性脂質」を多く含む肉類に関しても
便を固めてしまうものであり、腸の働きを悪化させてしまう大きな要因となるものです。

「乳酸菌」は鉄板

また、「たくさん水を飲むべき」といったことに関しても
いいことであるとは、一概には言えないものになります。

水分を多く摂る目的としては、便を固まらせないことであり
過剰な水分摂取によって、下痢を起こすことは根本的な解決ではありません。

腸内の滞在時間が長いほどに、便が硬化してしまうことから
いずれしても、<とにかく出す>ことは大切なことであることは確かですが
適切な水分量にで排出することができることが大切なのです。

また食物繊維による便秘の解消というのは、
ある意味で、「消化不良」を起こすことでもあり
過剰な食物繊維は、逆に便秘を招く懸念があります。

このことからも、「下剤」による解消も一時的なものであり
あくまで、根本的な改善でなければ意味がないものと言えます。

そういった中で、ぜひ前向きに摂取すべきものが「乳酸菌」になります。

乳酸菌は、「ヨーグルト」をはじめとして
味噌・キムチをいった、発酵食品に多く含まれている成分であり
そういった食材を意識して、献立に取り入れることが健康的な解決策と言えます。