「あな痔(痔瘻)」の症状と原因

「あな痔」は、他の痔(いぼ痔・きれ痔)に比べ”重い”と言える症状です。

その分、その過程も複雑なものと言えますが
基本的な症状としては、患部が「化膿」することで
「膿」を伴った痛み、更に特有の「瘻」が見られることが特徴的な要素と言えます。

患部が切れた際に発生する「血」だけでなく、
化膿し続ける幹部からは、膿が排出され続けるため
場合によって、きれ痔よりも下着等を汚しやすいことも特徴です。

また初期段階においても、「発熱」が見られることも特徴であり
患部が皮膚を突き破ることで、直腸から外部へとつながる
「肛門とは別の穴」が、最終的に発生してしまうこともあります。

そうなる前に、ぜひ対処したい症状と言えますが
その過程も複雑であることから、改善もまた難しい症状と言えます。

痔の中で最も重くなりがちな症状

肛門に存在する「腺」や、歯状線に存在する「肛門陰窩」等に
雑菌が侵入してしまったことがきっかけで、発生する症状になります。

細菌等が侵入することで、炎症を起こした患部には
「肛門周囲膿瘍」が発生し、膿の管(瘻管)となります。

この「管」に、膿がたまることで症状進み始めます。

基本的には、便が侵入することのない部分になりますが
下痢の繰り返し等によってリスクが高まることが言えます。

特に「免疫力」が低下している際には、注意が必要です。

基本的には「治療」が必要な症状

瘻管に溜まった膿は、管が破れることで自然に排出されることもありますが
基本的には管は残ったままであり、完全に解消するためには
”外科手術”によって、瘻管を切除するしかありません。

あな痔には、

  • 単純痔瘻(粘膜のみを突き破っていく症状)
  • 複雑痔瘻(筋肉を貫く深い部分にできる症状)

大きく分けて、以上の2の症状が存在し
当然のことながら、後者の方が症状・治療が困難なものと言えます。

「自然に治った」と思っていても、「トンネル」が残っていることで
再発するリスクは、残ったままとなってしまいます。

更に、あな痔は「がん」に発展することも指摘されており
いずれにしても、早急に取り除くことが必要と言えます。

”ならない”ことが重要な症状

いぼ痔から、きれ痔に発展し、

その患部が化膿することで、新たな細菌を招き、

その細菌によって、あな痔に発展することも考えられます。

化膿・炎症が、新たな膿を伴う症状を招き続けるため
一度発症してしまうと、自力では改善しづらいことが特徴であり
他の痔の症状が見られる際には、このあな痔に発展させないことも注意すべきと言えます。