「いぼ痔(痔核)」の症状と原因

「いぼ痔」は、痔の症状として最も知られているものと言えます。

肛門付近の皮膚である、「歯状線」と呼ばれる部位の周辺に発生する痔です。

その内側か、外側かによって

深い位置(腸の内部)に発生する「内痔核(ないじかく)」

浅い位置(肛門付近)に発生する「外痔核(がいじかく)」

以上の2種類に分けられ、いずれも「異物感」を感じることになります。

「分かりやすい」から「気付きやすい」ことも特徴です。

内痔核に関しては、痛覚が存在しない(触れない)ために
痛みを感じることはありませんが、排便時に血が混ざることはあります。

更に育つ(肥大)することで、外部に露出することがあります。

この症状は「肛門脱」と呼ばれ、
場合によっては、周囲の鬱血等を招き出血やより深刻な事態を招きます。

また外痔核に関しては、”外気に触れる”部分であり
慢性的な痛みを伴うと同時に、便に血が混ざることも多いです。

この2つの症状は、いぼ状であることに変わりありませんが
発生要因は、それぞれ微妙に異なるものになります。

「イボ痔(痔核)」の発生要因

両方の症状に共通する原因は、いわゆる「いきみ」と呼ばれる
排便時の「りきみ」であり、すなわち<便が硬い>ことが根本的な要因でもあります。

また肛門周辺(体全体)の、血行が悪い状態で起こりやすいものであり
特に内痔核は、血流の滞りによる鬱血が原因で発生しやすく
患部を「硬い便」が通過することによって、より症状が悪化していくことになります。

また、内痔核はより改善が難しい症状と言えます。

早期発見・早期対処によって、基本的には良化しやすい傾向のある外痔核ですが
硬い便による刺激を受けることで、誰にでも発生してしまうリスクのある症状でもあります。

更に「外部的な刺激」によって、炎症・化膿等に発生するケースも多く
そうなってしまった場合には、改善するための時間も長くなることに加え
「きれ痔」との併発状態を招く危険性も、考えられる自体と言えます。

ただし、”外痔核に比べ治しやすい”ということも特徴的であり
早期発見と早期の対処が、より鍵を握る症状と言えます。